ファイヤーサークルが完成しました

8KUMOの森の中に、ファイヤーサークルが、完成しました。直径3メートルほどの穴を掘り、丁寧に石を積み上げました。まわりには、「8KUMO」にちなんで、8つの石のベンチを配置しています。別に「黒魔術」をしようというわけではありませんので、ご安心下さい。ここは、神社の杜ですから(笑)。

FS01.jpg
FS02.jpg
FS03.jpg

でも、炎には不思議な力がありますよね。その揺らめきを眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎていきます。魂が抜かれるというか、心が静まり、とても穏やかな気持ちになります。そして、周りに誰かがいれば、なんとなく、気楽に話し始めてしまいます。

「あえて集まるを最高の体験に!」

8KUMOが大切にしたい、ストーリーですが、まさに焚き火は、欠かすことのできないイベントです。

もちろん、一人でぶらりとやって来て、森の中で仕事をして、夜になったら、ここでボーッと炎を見つめるのも悪くありません。そんな体験を楽しんでもらえたらと思っています。

水屋棟(管理棟)の材木の刻み作業も着々と進んでいます。屋根や梁、床や柱など、丁寧な仕事をして頂いています。

K03.jpg
K04.jpg
K02.jpg
K01.jpg

ごらんの通り、膨大な木材の量です。全ては、この地域の木材で、8KUMOの森で伐採した木も使っています。しかし、8KUMOだけでは足りませんから、八ヶ岳近辺の木材を集めています。ただ、昨今のウッドショックで外国材が手に入らず、しかも価格が上がっていることも影響して、国産材もまた取り合いと価格の上昇に見舞われています。そのため、当初予定していたよりも材木の入荷が遅れ、水屋棟に必要な大柱などの入荷も遅れてしまい、建方(上棟)の予定も、当初は4月19日でしたが、5月の連休明けにずれ込みそうです。

こればかりは、どうしようもありません。ついでながら、WiFi用の機材も未だ納期未定で、さらに厳しい状況です。最近の半導体不足が原因とのことですが、これもまたどうしようもなく、オープンが予定より遅れることは、覚悟しなくてはなりません。それでも、いまできることを、しっかりと準備して、万全のスタートを切りたいと思っています。

昨日は、8KUMOで提供する料理についても、打ち合わせがありました。基本的には、キャンプができるワーケーション施設ですから、一般的なレストランのような営業は行いません。コーヒーやお茶、お茶菓子などは、施設利用者には、無料で提供いたします。

ただ、仕事のために来ているのですから、その都度、自分で食事を作るというのも面倒なので、地元の料理人に協力をいただき、毎日とは行かないかも知れませんが、お料理を振る舞おうと思っています。

まあ、地元のレストランの出張営業ですね。そのために、保健所の許可も取り、必要な機材も用意することになりました。また、イベントに際しては、東京の有名料理人にも出張してもらって、腕を振るってもらおうと思います。

淡雪.jpg

春の淡雪もまた、春が近づいてきた証拠ですね。そんななか、8KUMOは、準備に大忙しです。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。